座头市二段斩

座头市二段斩

座头市二段斩介绍

导演:井上昭
演员:胜新太郎,坪内美纪子,三木のり平,小林幸子,加藤武,春本富士夫
发行时间:1965
  ある朝突然暴漢に襲われた座頭市は、一人を斬り殺し、もう一人の腕を斬り落した。こんな血なまぐさい旅に嫌気のさした座頭市は、昔、あんまの手ほどきをうけた彦の市師匠と、その娘お小夜を麻生の宿に訪ねた。だが、彦の市は殺され、お小夜は宿場の親分錣山の辰五郎のために、今は名も錦木と変え女郎に身を沈めていた。驚いた座頭市は、お小夜のいる丁字楼を訪ねた。しかしお小夜は辰五郎の息のかかった郡代役所の磯田幸右衛門のいうままにならず激しい折檻の末土蔵に閉じ込められていた。土蔵に忍びこんだ座頭市はお小夜から事件のあらましを聞いた。--彦の市は、あんまの最高位である検校位をもらうため、三百両の金を持って京都へ旅立った。が、途中何者かに殺され金をうばわれた。さらに辰五郎は親切ごかしに貸した百両をたてにとり、お小夜を丁字楼の女郎にしてしまったのだ--その夜座頭市は井戸尻軍十郎と名...

短评

较之前几部简洁明快不少,三木のり平的喜剧表演风格为这个系列带来了一阵新风。另外与関所破り不同的是减少了桥段的使用以及杀阵的数量,把重点放在了如何塑造人物上,在释放演员表演空间方面做得不错。只叹是剧本大不如前,缺乏对座头市行为动机的竖立,导致惩恶扬善和复仇两大主题埋没于故事之中。

坪内ミキ子幾乎是最花瓶的市女郎了,目前爲止兩部戲,臺詞加起來不超過二十句……井上昭是第一次接座頭市,似乎此後再不曾有此機會了。座頭市喜劇的一面被完全遮蔽起來,相反由另外一个角色井戸尻軍十郎来负责搞笑。再次使用兩條父女關係來結構故事,同樣,其中一條和座頭市關係密切,甚至也可以看作是他的“父親”,所謂“一日為師,終生爲父”。不过悬念还是没有解开,我不知道究竟何谓“二段斩”。

老千临头大反转做好人,座头市解救恩师女儿杀贪污代官。

赌徒喽啰是亮点,但是略夸张了点。

最新电影资源

推荐百度云资源